第2回全国オンパクサミットin能登開催レポート最終回!(3/3)

見逃せない!第2回全国オンパクサミットin能登 レポート最終回!

こんにちは!第2回オンパクサミットレポートも今日で最終回です...! オンパクサミット2日目は、オンパク実施団体に対するバーチャルボードミーティング(略してVBM)が行われました。 前回のレポートは、こちら

ソトからウチを見直した公開仮想理事会(VBM)!

公開仮想理事会では、岐阜県・大分県・島根県・石川県の団体の活動発表に対してメンター役から鋭い質問・意見が飛び交いました。仮想理事会で相談される悩みは、かなり赤裸々な経営課題もあるので、サミットに参加された方々にだけ公開されます。

したがって、詳しいセッションの中身は掲載できませんが、発表した4団体からは、こんな声が聞かれました。 悩みが共有できて良かった。それぞれ違った悩みだけど参考になりました。」 「心の内、本音のところを引き出されブレかけていた心を正す良いきっかけになった。」 などなど。日頃は、日々の業務で忙しい皆さん。自分たちの活動を見直すために、VBMが役に立ったようですね。

※公開仮想理事会とは、先輩経営者や起業家を仮想の理事・取締役と仮定して、団体の状況や経営課題などに対する解決策や打ち手に関して、観客に公開された形で議論する手法です。

最後にご紹介するのは、豪華ご当地牛づくしのBBQ!

『ご当地牛対決!@能登島Weランド』 各地からご当地牛を持ち寄り、BBQを行いました。これは、能登の「うまみん」での人気プログラムだった「氷見牛vs.能登牛対決BBQ」をサミット特別版として拡大したプログラムです。 氷見牛、石見和牛、豊後牛、飛騨牛、能登牛の豪華ご当地牛と各地から持ち寄られたお酒を囲み、サミットとはまた違う雰囲気で熱く語り合いました。

大盛況の第2回オンパクサミット...

全日程を終え、参加者にはどんな成果があったのでしょうか?

セッションについて 成功している事例とそこまでのプロセスを知れてとても参考になった。またうまくいかなかったことなども教えてもらい刺激になった。」

『ワクワク』が止まりませんでした(笑)不安もありますが、今からオンパクをしていくので皆さんのお話を伺えてよかったです。」

「各セッションの内容から「運動から経営へ」という視点でのヒントをたくさん得ることができた。稼ぎ、地域に効果を示すためには、経営と運動の繰り返しが必要で、結果的に「運動も経営も」という話がすごく腹に落ちた。」

「各方面の最前線の取り組み、実践者の想いが直接確認できてよかった。」

公開仮想理事会(VBM)について 「皆さん多様な問題を抱えている中で現場感のある課題の議論が共感を生んだ。事例紹介やプレゼンを聞くのでは真似をする発想になりがちだが、VBMの議論を聞く事で、考え方や思考方法の部分を学ぶことができた気がする。」

内部からだとわからないことや外部だからこそできる指摘があって、仮想理事会のおもしろさがわかった。指摘をするだけなく、取り組みを評価したりすることで、外部から見て何が良さなのかとかどこに固有の価値があるのかとかのヒントが隠れているようだったし、見ているだけの人も、ひとつの組織やひとつの取り組みをいろんな角度から見れたとおもうので、とてもよかったと思う。」

懇親会について 講師の方とさらに込み入った話ができたことや今課題としていることをいろんな人と話すことで共感し、また解決の糸口を見出すことができた。」

「おいしいお肉、お寿司や焼きそばのおもてなし、嬉しかったです。一緒に食べることで仲良くなり、ゆるいけど大事なお話をできたことが、とても良かったです。」

登壇者、観客問わず、自身の活動に大いに役に立ったとの声が多く寄せられました!

クロージング、今の気持ちを一文字で!

最後は、参加者の皆さん一人一人のサミットを通して感じたことを感じ一文字で発表し合いました!

それぞれが得たものはまさに十人十色。

終わりに...

筆者がオンパクサミットを通して強く感じたことは、同じ志を持つひとが集まる場はパワースポットになり得るということ。

今回のサミットもまた、参加された方一人一人がそれぞれの立場で得るものがある場になったと思います。

それは、 これからオンパクを始める方へのヒントであったり オンパクを始めて数年が経ち、課題が見つかった方への打開策であったり 長年のオンパク活動から地域経営に取り組む方の今後の不安に対する解決策であったり、様々でしょう。

それと同時に、参加者同士、それぞれの想いを共有し、それぞれの悩みや問題に向き合うエネルギーを補給できる場にもなったのではないでしょうか。

今後も引き続き、こうした学び合いの機会としてオンパクサミットを継続していってほしいと思います。

次回開催地は・・・今大注目のあのマチ!!

来年の開催地は静岡県熱海市 近年、リノベーションまちづくりの成果が形となり、かつての面影を取り戻し始めた熱海市。その現場に実際に足を踏み入れることができる貴重な機会であり、『今』しか見られないもの、聴くことができない話、体験できないことが、一気に経験できるチャンスとなることでしょう!

皆さんぜひ、来年6月は熱海へ〜〜〜!!!


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2020 Japan Onpaku

Call us:

090-4994-4847

Adress: 

一般社団法人オンパク